皮膚がんとは?

皮膚がんは、どの組織の細胞から、がんが発生したかで分類され、さまざまな種類があります。数多くの皮膚がんのうち、発症率が高いのが、表皮の基底層の細胞が悪性化する基底細胞がんと 有棘層の細胞が悪性化する有棘細胞がんです。

皮膚がんについて

皮膚は大きく3つの部分に分かれています。表面に近い部分から「表皮」「真皮」「皮下組織」となっています。

表皮は、さらにいくつかの層に分かれています。肌の表面から近い場所から順番に「角質層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」と呼ばれています。女性の中には角質層という言葉に聞き覚えがあるかもしれません。肌の美容にとって重要になってくる箇所でもあります。また、メラニン色素という言葉も、よく耳にする言葉です。肌の色を決定するメラニン色素をつくりだすメラノサイトも、表皮に含まれています。

真皮には血管や神経、毛包、脂腺、汗腺、立毛筋など皮膚付属器があります。

皮膚がんは、どの組織の細胞から、がんが発生したかで分類され、さまざまな種類があります。数多くの皮膚がんのうち、発症率が高いのが、表皮の基底層の細胞が悪性化する基底細胞がんと 有棘層の細胞が悪性化する有棘細胞がんです。

皮膚がんのなかでも特に注意が必要なのが 色素生産細胞が悪性化した悪性黒色腫(メラノーマ)です。悪性度が高く、肺や肝臓、脳などにも転移しやすいとされています。

皮膚がんは、臓器などの癌とは違って、目で見ることができるため、自分で早期に発見できる可能性が高い病気です。ほくろやシミなどが新しくできた場合には注意して観察してみることが大切です。大きくなるなど変化が急速にあらわれた時には 自己流で治療しようとはせず、専門医に診断を受けましょう。

皮膚がんイメージ

皮膚がんの原因

皮膚がんが発症する原因はいくつかありますが、その1番大きな原因は紫外線です。紫外線は皮膚に過剰な刺激をあたえ、発がんの誘因につながります。紫外線は皮膚の細胞の遺伝子に傷つけて、がん化させます。

子供のころから長い間、紫外線を浴び続けることによって、紫外線の悪影響が蓄積されていきますので、年を重ねれば重ねるほど、皮膚がんを発症しやすくなります。高齢者の顔にあらわれる日光角化症は、皮膚がんのはじまりです。

ヤケドや傷が完治したあとに、薄い表皮で覆われた傷跡が残る場合があります。手足のように動きの多いところにでき、刺激を受けやすいところの傷跡は、長い年月をかけて、がんに成長するケースがあります。

これと似たようなケースに、皮膚への慢性的な刺激が、がんとなる場合があります。靴擦れや床ずれ、潰瘍などによる炎症が、がんの原因になることがあります。

細菌の感染によるオデキが同じ場所で繰り返し発生することも、皮膚への刺激となり、皮膚がんを招く原因となることもあります。

また、すでに発症している皮膚や粘膜の病気が、皮膚がんへと発展する場合があります。紫外線の防御システムが先天的に欠如している色素性乾皮症や 口腔や外陰部の粘膜に白い斑点が生じる白板症などは 皮膚がんの起因となる病気とされています。

放射線を大量にあびることも、皮膚がんの危険因子となります。放射線被爆のほかにも、コールタールやヒ素などの化学物質に 発がん性が認められています。繰り返しコールタールが皮膚についたりすると、皮膚がんを招く原因となります。

皮膚がんの遺伝

がんは遺伝子が異常をおこすことで発症する病気です。よく耳にすることがある「がん家系」ですが、幼児の目にできる病気の網膜芽細胞腫など、遺伝するがんは少ないとされています。

ですが、がんの遺伝については完全に解明されているわけではなく、がんが発症しやすい体質が親から子供へと引き継がれる可能性は 否定することができません。

がんになる原因は、遺伝によるものよりも、生活環境が要因になっている場合が多いです。皮膚がんも過剰な日焼けなど、生活環境が大きな原因であり 遺伝による発症は、ほとんど心配ありません。

皮膚がんの一種に悪性黒色腫(メラノーマ)があります。メラノーマはホクロと似ているがんですが、ホクロの数が多い人が、がんになりやすいというと、がんとホクロには、まったく関連性がないことが分っています。血縁者にホクロが多い人がたくさんおり、自身もホクロが多いからといって、メラノーマを心配する必要はまったくありません。

すでに体にあるホクロよりも、突然できたホクロに対して注意が必要です。できたホクロが赤黒くふくらんでいたり、ホクロの輪郭がボヤけている場合はメラノーマの可能性があります。足の裏や唇にできたホクロもメラノーマの危険性をふくんでいます。

メラノーマは治癒率が低く、とても恐ろしい病気ですが、発症する確率は10万人に1人と言われています。ホクロの状態に不安を感じ、病院に行く人たちのほとんどは、メラノーマとは無関係の色素沈着やホクロとなっています。

皮膚がんの予防

皮膚がんの最大の原因は紫外線です。

紫外線にはカルシウムの吸収を促進させるビタミンCを活性化させるはたらきがあります。ビタミンCの活性化は骨粗鬆症の予防にかかせないため、私たちの健康には紫外線は欠かせない存在です。ですが、紫外線を長時間浴びることは、皮膚がんへの危険性が増します。日光浴は数十分程度で充分とされています。

以前は育児法として、赤ちゃんに日光浴をさせると良いとされてきました。ですが、幼い頃からの日焼けは皮膚にダメージを蓄積させ、皮膚がんや肌を痛める原因となります。最近では、育児書には「日光浴をさせる」という文章は除かれています。

日焼けして皮膚が黒くなるのは、皮膚が炎症して損傷している状態です。紫外線の量が多くなる5月〜8月にかけては帽子や日傘を利用するのが効果的です。

日焼け止めクリームを、こまめに塗ることも大切になります。午前11時〜午後2時ごろは、1日のうちでも紫外線量が多くなる時間です。この時間には外出を避けることも心がけましょう。

日焼けサロンは皮膚がんを誘発する大きな原因になります。皮膚を自ら痛めつけていることを自覚して、使用しないことが賢明です。

食事に気を配ることも大切になってきます。ビタミンCは日焼けによってダメージをおってしまった肌の回復を促す効果があります。普段の食事から積極的にとりいれるようにしたり、サプリメントを利用して手軽に補うようにしましょう。

人間ドック
HOME | 皮膚がんの症状と診断 | 皮膚がんの治療と後遺症 | 皮膚がんの再発と生存率

 

Copyright Quantis,Inc. All rights reserved.

privacy